七五三について詳しく解説

晴れやかに七五三

七五三のお祝いを行う時期

七五三は三歳の男女、五歳の男子、七歳の女子が11月15日にお宮参りをし、子供の成長を祝う昔ながらの行事です。
昔は数え年でお参りをしていましたが最近は満年齢でお祝いすることが一般的です。
また近年は11月15日にこだわらず前後の吉日や土日祝日を利用してお参りを行うことが多いです。
神社でお参りをしてこれまで元気に成長したことに感謝をし、この先も子供が元気に成長するよう願いを込めます。
また長寿の願いを込め細く長くなっている千歳飴を持たせ、長生きするように願います。
しかし最近は七五三の写真撮影をプロにお願いする方も多く、混み合う時期を外して撮影するため10月の早い段階でお参りをすることもあります。
また慣れない着物を着ると子供は嫌がり機嫌が悪くなることもあるため、ゆっくりと参拝できる混み合っていない時期に済ませるということも増えてきてきます。
大切なことは子供の成長に感謝し、この先の健康を祈る気持ちであり、昔ながらの七五三の形式や時期にとらわれる必要はありません。
それぞれの家族の生活に合わせて無理のないスケジュールで参拝することが大切です。

Favorite

ステンレス製の表札はこちら

2017/11/30 更新