七五三について詳しく解説

晴れやかに七五三

七五三の年齢について

七五三とは、年齢が3歳、5歳、7歳の年に、成長に感謝し、神社やお寺へ詣でたりする行事です。
11月15日に、徳川徳松という、江戸幕府第5代将軍徳川綱吉の長男の健康を祈って始まったとされています。
旧暦の15日は、二十八宿の鬼宿日(鬼が出歩かない日)と言われ、何をするにも吉日だとされてきました。
そして、旧暦11月は実りを神に感謝する月だったことから、氏神へ収穫の感謝を兼ねて、11月15日にお祈りするようになったといわれています。
七五三は、男の子は3歳、5歳、女の子は3歳、7歳でお祝いします。
3歳では、男の子も女の子も髪を伸ばし始める「髪置(かみおき)」、5歳では、男の子の衣服の袴を着る「袴着(はかまぎ)」、7歳では、女の子の着物帯の装い始め「帯解(おびとき)」というように、それぞれの年齢に意味を持っています。
発達に伴い、病気にもなりやすく、危険を伴う年齢だったため、健やかな成長をお祈りしていたということです。
最近の七五三では、神社やお寺でのお参りのほかに、写真館での記念撮影など、子供の記念行事という意味が強くなってきています。

Valuable information

老人ホーム紹介業者を探す

最終更新日:2019/1/23